×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

>定額小為替で郵送って?

定額小為替とは金券に相当するもの

定額小為替とは金券に相当するものです。金銭をやり取りする場合、郵便で送ることができないため、ゆうちょ銀行でこの定額為替を買い、書留などで受取り者に送ります。受け取った人はこの定額小為替をゆうちょ銀行に持っていくことで、現金に換えることができます。


定額小為替の発券手数料はどの額面でも、1枚あたり100円です。自分で額面を指定できる普通小為替もありますが、こちらは送金額が3万円以下の場合は1枚あたり420円で、それを超えると630円になります。金額や用途にもよりますが、小額なら定額小為替の方が安い場合も多いです。


定額小為替には有効期間があります。発行日から半年が経過した場合は、再発行を請求すれば使えるようになります。しかし発行から5年間が経ってしまうと換金も使用自体もできなくなってしまう場合がありますので注意しましょう。また、定額小為替利用時に窓口で本人確認をされる場合がありますので、身分証明書を持っていきましょう。


定額小為替を郵送するのは普通郵便でも大丈夫です。しかし、封筒から透けて見えてしまっていると、定額小為替は金券のようなものなので盗難の恐れもあります。できるだけ厚めの封筒を利用しましょう。心配であれば、万が一の場合、損害を賠償してくれる書留や簡易書留を利用すると良いでしょう。


定額小為替の発券手数料

定額小為替という名前を聞いたことがあっても、それが何か知らない人もいると思います。まず、定額小為替は、金券に相当するもので、送る人がゆうちょ銀行でこれを買い、受取り者に送ります。受け取った人はこの定額小為替をゆうちょ銀行に持っていき、現金に換えます。


定額小為替の発券手数料はどの額面でも、1枚あたり100円です。自分で額面を指定できる普通小為替もありますが、こちらは送金額が3万円以下の場合は1枚あたり420円で、それを超えると630円になります。金額や用途にもよりますが、小額なら定額小為替の方が安い場合も多いです。


定額小為替には有効期間が定められています。発行日から半年が経ってしまった場合、再発行を請求することにより使うことができます。しかし発行から5年経ってしまうと、定額小切手の効力が失われてしまう場合もありますので注意が必要です。利用の際は必ず発行日を確認しましょう。


定額小為替を郵送する際は普通郵便でも送ることができますが、封筒から透けて見えてしまった場合、盗難などの恐れもありますので、できるだけ厚めの封筒を使いましょう。また、心配であれば書留や簡易書留を利用すると良いでしょう。万が一相手に届かなかった場合、損害を賠償してくれます。


定額小為替には有効期間があります

定額小為替という名前を聞いたことがあっても、それが何か知らない人もいると思います。まず、定額小為替は、金券に相当するもので、送る人がゆうちょ銀行でこれを買い、受取り者に送ります。受け取った人はこの定額小為替をゆうちょ銀行に持っていき、現金に換えます。


定額小為替の発券手数料は1枚あたり100円です。自分で額面を指定できる普通小為替もあり、こちらは送金額が3万円以下の場合は1枚あたり420円、3万円超になると630円かかります。金額や用途にもよりますが、小額でしたら定額小為替のほうが安い場合も多いです。


定額小為替には有効期間があります。発行日から半年以上経ってしまっているものは、再発行を請求しなければ使うことができません。また、発行日から5年以上が経過しているものにつきましては、定額小為替としての効力を失ってしまう場合もありますので、利用の際には発行日を必ず確認しましょう。


定額小為替を郵送するときは、普通郵便でも大丈夫です。しかし、それが透けて見えるような封筒を使うと、悪意を持った人が盗難してしまう場合もありますので、できるだけ厚めの封筒を使いましょう。また、万が一に備えて、損害を賠償してくれる書留や簡易書留を利用するのも1つの手です。